大阪のど真ん中で発毛に関して語り尽くします!

http://www.r-derma.med.osaka-u.ac.jp/jschr2019/index.html

11月24日(日)午前11時より日本臨床毛髪学術集会にて、新潟薬科大学 教授 稲川裕之先生がLPS研究一筋30年の経験から、新しい育毛法について語ります。

LPSの基礎から、発毛に関する臨床データを発表致します。

㈱博龍堂 代表取締役 大川博

LPSとピクノジェノールで女性毛髪の美を追求する

 博龍堂は、LPSとピクノジェノールを配合した女性のための頭皮用美容液「トリカH」を開発し、美容業界に向け初提案する。

すでに同社らは、発毛促進剤としての配合特許ならびに発毛のメカニズム特許を取得している。

11日には都内で、免疫と抗酸化の必要性を説く美容セミナーを開催した。自然免疫に働きかけるLPSと強力な抗酸化力を持つピクノジェノールによる新たな育毛法として女性のアンチエイジングを訴求していく。  

大川博代表取締役は、動物病院専門の犬猫用サプリメントを販売するスケアクロウの社長でもある。長年、LPSを主成分とするアトピー、アレルギー疾患対応サプリを扱い、国内約4000軒、海外22カ国の動物病院に採用実績を持つ。5年ほど前に、同社製LPSサプリとピクノジェノール配合サプリの混合投与による著効例が多数認められたことを機会に、ヒト用頭皮美容液の開発に着手。動物やヒトに対する各種試験を行い、その成果を国内外の臨床毛髪学会において3年連続発表し、2つの特許を取得した。  

LPSとピクノジェノールの配合による発毛促進剤としての特許(第6227594号)ならびに発毛のメカニズムとして「FGF-7又はVEGF産生促進剤およびその配合物」特許(第6530776号)を取得している。

この根拠は、一つはヒト毛乳頭細胞にLPSを添加し培養したところ、細胞の成長を促す因子FGF-7と血流を促進する因子VEGFの遺伝子発現増加効果が明らかとなったもの。さらに剃髪したマウスに対しても著しい育毛効果が認められたものである。

これらの作用機序は、既存の育毛素材であるミノキシジルやアデノシンとは異なることから、他素材との併用処方により、より強い育毛効果が期待される。 セミナーでは、稲川裕之氏(新潟薬科大学特別招聘教授、自然免疫制御技術研究組合本部長)は、免疫ビタミンLPSと美肌、育毛との関係について講演。LPSを用いた自然免疫の活性化(プライミング)という切り口での新しい育毛の可能性を説いた。

ジェフリー・マイケル・ストロング氏(ホーファーリサーチ社)は、50年以上の販売歴と90カ国以上で販売されるピクノジェノールの女性に対する効果を概説し、軽度認知症への効果についても披露した。大川氏は、トリカHの最新治験について(女性26症例)紹介した。

1カ月間の塗布により毛髪の太さ、密度が改善した著効例のマイクロスコープ画像に、聴講者から驚きの声が上がっていた。

「トリカH」はLPS(リポポリサッカライド)、フランス海岸松樹皮エキス(ピクノジェノール)含有頭皮用美容液。60ml、噴霧タイプ、約1カ月分、1万5000円(税別)。美容サロンやエスティシャンなど美容専門家に向け展開を強めていく考えだ。

30代女性 育毛体験

そうです!ツムジです! 感想は痒みがかなり減ったのと3週間ぐらい経った辺りからアホ毛が増え始めました!!

昨晩から10プッシュにしてます。

背景は2.3年前ぐらいから、特に夜になると痒みが出始めて、シャンプーを色々と変えてもあまり変化がなく、抜け毛も増えてきました。

その頃いつも行ってる美容院でツムジ辺りと言うか頭頂部がペチャンコになりやすいから…と乾かし方を言われました。

初めて言われてそこから自分でも気になるようになって鏡でしょっちゅう見るようになりました。

感動の体験談

早いものでもう12月です…

トリカ始めて1ヶ月余り。

地肌が透けてた感じでしたが、細い毛が太くなったのか毛が増えたのか…透け感が減った様な気がします!

トリカ6プッシュで、欲しい生え際と頭頂部に行き渡らせて使ってます。

今1ヶ月で1本って感じで進んでます。

私も若い頃は髪をすいてもらう位だったんですがね〜笑

年とともに薄く細くなり、病後はハゲからやり直しです。 

こんな私も増えてましたもんね!

短い毛がピンピンとのぞいているのでこれらが長くなれば増毛間違いなしですね。

楽しみです!

前髪、額の周りの細い毛が立ち上がって来た感じです。 嬉しい阿保毛(笑)です!

こんにちは〜 お変わりないですか?

桜も終わり気温差の大きい毎日に翻弄されますね。

抜毛が落ち着き、新しく生え始めた短い毛のハリ コシが出てきてピンピン立って来てます!

昨年11月トリカを始める時ですから、増えてますよ‼️

美容師がすごく増えたと褒めてくれました

トリカ様様様‼️ 嬉しいです‼️ ちゃうどトリカ初めて約5ヶ月。

4〜5cmのピンピン髪がその効果の現れ!

目覚めて増えた髪ではないかと思うのですが‼️

Tricho-H(トリカH)女性用頭皮用美容液

自然免疫から考える新しい育毛法
LPS(リポポリサッカライド)・フランス海岸松樹皮エキス含有
発明特許NO.6227594号、発毛促進用組成物・配合

15,000円+税
1日2回(朝・晩)、適量(3~6プッシュ)を目安に使用して下さい。
無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー

●「トリカH」の整肌成分
パントエア/コメヌカ発酵エキス液
ウコンカルス順化培養液
フランスカイガンショウ樹皮エキス
ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
アセチルテトラペプチドー3
アカツメクサ花エキスグリチルリチン酸2K
アルギニン

●パントエア/コメヌカ発酵エキス
LPS(リポポリサッカライド)と呼ばれ米糠に含まれる自然免疫を制御する機能性成分。
免疫細胞マクロファージをプライミング状態にします。

●フランス海岸松樹皮エキス
フランスの南西部の海岸に生育する海岸松樹皮から取った天然植物由来成分。
老化原因の「酸化」を防ぐフラボノイドを含みます。

●キャピキシル
アカツメクサ花エキス
アセチルテトラペプチドー3
植物エキスとペプチドのプレミックス毛包幹細胞、
バジルにコラーゲン17などの栄養を与えます。

●ピディオキシジル
医薬品の成分であるミノキシジル近似成分を含み、血流改善を行い毛を太くします。

●ウコン幹細胞エキス
毛乳頭遺伝子を調整し毛が萎えることを防ぎます。

生える作用の模式図

トリカHの生える作用メカニズムは4つの視点から成り立ちます。
4段階法とも言いましょうか。

①LPS+フランス海岸松ポリフェノールの作用
髪が生える土壌である細胞、マクロファージをプライミング状態にします。
プライミングとは程よい活性状態のことで、髪の毛が生える周辺細胞の赤みなど炎症状態を押さえ、良い状態を作ります。

②ウコン幹細胞エキス
髪が萎えることを防ぐために、毛乳頭にある遺伝子を調整し、髪の若さを保ちます。

③キャピキシル
毛包幹細胞、バジル(栄養の貯蔵庫)にコラーゲン17を与え、生える栄養満点にします。

④ピディオキシジル
ミノキシジルの近似成分であり、血流改善をして毛を太くします。

キャピキシルという素材

LPSとポリフェノール素材で「発毛促進用組成物及びその配合物」として発明特許を
29年10月20日に取得し、特許第6227594号

その後、さらにこの特許を生かした配合物の選定に苦慮しておりました。

世界は広く、ミノキシジル以上のものを開発すべく世界の学者、会社は研究をすすめています。

フランスに本拠地を置くルーカスメイヤー社が開発した「キャピキシル」は日本の
総代理店アリスタライフサイエンス社を窓口として啓蒙活動、販売を行っております。

ホントに生えるものなのか、又、安全なものなのか、私も様々な素材を見てきた
25年以上の経験を踏まえて、研究者営業の方にお話を伺いました。

成分は2つ。

①アカツメクサ由来のイソフラボン系のもので、男性型脱毛を抑える5αリダクターゼ
を抑制することが解っています。

②アセチルテトラペプチドという合成のペプチドです。
毛が生えている周りの組織のことを毛包といい、その中にあるものをバルジといいます。

イメージは肉まんの中にある、肉と表の皮の部分の隙間です。
この隙間にある毛包幹(もうほうかん)細胞に栄養を与えていくことがポイントのようです。

この作用は、私が持つ特許成分「LPSポリフェノール」と非常に相性が良い様に
感じています。

以下が今年の終わりに発表する新処方「トリカH」ですが
様々な女性の髪のためになるものとして、最強のような感じがしています。

①は私の特許成分

②はキャピキシル

③と④には又、後日触れましょう!

エタノール
①パントエア/コメヌカ発酵エキス液
ペンチレングリコール
BG
③ウコンカルス順化培養液
①フランスカイガンショウ樹皮エキス
④ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
②アセチルテトラペプチド-3
②アカツメクサ花エキス
グリチルリチン酸2K
クエン酸
アルギニン
デキストラン

発毛に関する素材の話

キャピキシルとは
キャピキシルとはミノキシジルと比べても3倍の効果があると言われている。

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3が主成分である。
カナダの化粧品開発会社で開発されました。

アカツメクサが含むビオカニンAという成分が脱毛症の原因物質をつくる成分を抑制しながら、アセチルテトラペプチド-3が毛包の働きを維持します。

詳しくは、今度日本の総代理店の方と御会いしてご案内申し上げます!

 

 

 

 

 

【薄毛・抜け毛の悩み】(抜け毛に亜鉛が良い?~①)

薄毛・抜け毛の疑問

Q. 薄毛に亜鉛が良いと聞きました。本当ですか?

A. 私達の髪や頭皮が健康的で抜け毛のない状態でいられるのは、ミネラル成分の一種である亜鉛がしっかり大役を果たしてくれているからです。ですが、亜鉛の担う役割がどんなものかを知らずにいる人も少なくないでしょう。

亜鉛の働きや、亜鉛がもたらす髪への影響をまとめています。

亜鉛とは?(亜鉛の説明と亜鉛を含む食べ物について)

私達の体内では、あらゆる酵素が様々な代謝に必要です。亜鉛はもともと、骨、筋肉、肝臓などの臓器に存在していて、多数の臓器や細胞の生成にかかわっているのです。ですから、生命活動には、とても大切なミネラル成分という事になるでしょう。

亜鉛とはどのような成分?

亜鉛は、体内で合成や分解されている様々な化学反応にかかわる成分です。
以下のような機能を維持させるには亜鉛は不可欠な成分と言えるでしょう。

  • 亜鉛が正常に維持されている事で、味覚が整い、「苦いもの」、「しょっぱいもの」、「甘いもの」をしっかり味わうことができる
  • 亜鉛は特に男性の生殖活動にも関係し、精巣に存在する。また、精子の運動も活発化させ、足りなくなれば、性欲減退などの症状が出やすくなる
  • 亜鉛はウイルスに対する免疫作用の活性作用もあるため、ガンなどの命に関わる病気予防となる
  • 新陳代謝を高め、DNAの複製に関係している。特に代謝が盛んな子供はとるべき成分

髪や頭皮についての亜鉛の役割とは

  • 髪に含まれているタンパク質の合成を助けてくれる
  • 薄毛の原因で もある男性ホルモンが過剰に分泌されるのを防ぐ

亜鉛を含む食べ物とは

亜鉛は、主に魚類や肉類に多く含まれます。様々な食品に含まれているのですが、亜鉛の体内吸収は、なかなか壁が高いという見解もあります。

  • 生牡蠣
    食材の中でも、最も亜鉛が多く含有されています。シーズン中は一日4〜5個食べると、理想の摂取量がとれそうです。
    冬になると鍋料理などで登場する事が多いでしょう。通年摂取できる食材ではないため、毎日摂取するのも難しくなるでしょう。
  • 豚肉、牛肉
    どちらの肉も、部位ごとに亜鉛は豊富に存在します。ですが、動物性脂肪は頭皮の毛穴を詰まらせてしまう事もあるため、亜鉛が、豊富だからと言って過剰摂取は控えたいものです。
  • 鶏肉
    鶏肉は、亜鉛も含みますが、頭皮の乾燥を防いで弾力を取り戻す効果のあるコラーゲンも含みます。亜鉛とコラーゲンのダブルパワーで抜け毛を防止しましょう。肉類の中でもコスパもよく、脂肪も少なめなので、太り過ぎを気にする人にもオススメの亜鉛食材です。気をつけたい点は、ビタミンAも豊富で、たくさん食べると摂取目安を軽く越してしまうため、特に妊娠期には胎児に影響を及ぼす事もあるため注意すべきです。食べる限度を考えながら摂取しましょう。
  • チーズ
    固形でも、スライスしても摂取しやすいチーズは亜鉛が含まれていて味を好む人も多いのですが、ついつい食べすぎてしまえば、塩分も多いため、他の生活習慣病リスクが高まります。また、乳アレルギーがある人も控えた方が良いでしょう。
  • ナッツ類
    簡単につまめて、手軽に食べられるナッツ類にも亜鉛は含まれています。血流を良くするビタミンEも配合されているため、頭皮の血流もスムーズにしてくれるでしょう。ですが、頻繁に多量に食べられるものではないのでナッツ類で亜鉛を摂取しようと思うとなかなか難しいものです。

亜鉛不足は抜け毛の元?

髪は、ケラチンというタンパク質でできています。このタンパク質をケラチンに変える重要な役割を担うのが亜鉛というミネラル成分です。

亜鉛がしっかり整っている髪は1日に50本〜100本抜けても問題はありません。一方で生えてくる髪もあるため、バランスがとれているのです。

ですが、いくら髪のもとになる良質なタンパク質を豊富に摂取しても、亜鉛が不足していれば、まるっきり髪は作られませんし、抜けるだけです。これが亜鉛のもたらす薄毛の怖さなのです。

その抜け毛!亜鉛不足かも?

こんな抜け毛が生じたら、亜鉛不足かもしれません。自分の頭皮や髪が以下の項目に当てはまるならば、すぐに亜鉛摂取が必要でしょう。

◎ 髪がやせ細っている
◎ 排水溝に髪がたまる
◎ 色素が薄い毛が生えている
◎ 髪が抜けるのに新しい髪が生えてこない
◎ 頭皮にニキビができやすい
◎ フケが出やすくなった

亜鉛が不足する理由とは

亜鉛不足は髪の毛だけでなく、その土壌となる頭皮への悪影響も懸念されます。特に頭皮にフケやニキビが出やすくなるのは、亜鉛不足により、頭皮に繁殖した菌に対して抵抗力や免疫力がかけてしまうからという事が考えられます。

私達、日本人は特に亜鉛が不足しやすいのです。その背景に食事の歴史があります。

日本人は西洋人や欧米人よりも亜鉛豊富な肉やチーズの摂取量が少なく、和食のような薄味を好んで食べてきました。そんな事もあり、元々亜鉛の摂取量が海外の人より比較的少なく今に至っています。

ですが、時代は進み、女性も社会進出の盛んな日本になり、ストレスや飲酒、喫煙、寝不足をするようになりました。さらに、亜鉛吸収率を妨げる炭水化物やカルシウムの多い偏った食生活などで亜鉛が上手に摂取できなくなっているのです。

亜鉛は、相性の合う成分と同時に取り入れないと吸収率が低下します。それくらい、ちょっぴり面倒な成分とも言えるのです。亜鉛を上手く取り入れる事が、抜け毛を予防し、いくつになっても若々しく、スタイリングのバッチリ決まるヘアスタイルをキープできるのです。

 

世界臨床毛髪学会(10th World Congress for hair Research)京都国際会館

当社、博龍堂は2017年10月31日(火)~11月3日(金)京都国際会館にて
行われる世界臨床毛髪学会に演題発表とブース出展を行います。

演題発表は、北海道薬科大学薬理学分野と共同研究を行った
「ピディオキシジルとLPSの配合体を使った発毛に関するメカニズム探求」
に関する演題発表を行います。