【育毛】(スペシャルトリートメントの作り方)

【育毛】(スペシャルトリートメントの作り方)

日頃、ストレスのかかった身体をいたわり、癒すためにも、髪を作る全てのアミノ酸が入った<スペシャルトリートメント>を作って、髪のケアをしてみましょう。

アミノ酸は、髪の毛の原料であるケラチン、キューティクルなど、タンパク質の構成成分となるものです。食事から、アミノン酸を摂取することも大切ですが、外からのケアも重要です。卵黄は、髪を作る全てのアミノ酸が含まれ、スウィートアーモンド油は、細胞の修復を促すオレイン酸が豊富に含まれています。
※地肌についても問題ありません。


◎用意するもの

1)卵黄:1個/大さじ1~2(髪の毛の長い人は、大さじ3~4)あらかじめ、よくといておく。
2)スウィートアーモンド油(植物油):20ml.
※スウィートアーモンドは、角質を柔らかくする作用があり、新陳代謝を上げ、古い角質を取り除き、毛根に栄養を与えます。


◎作り方

(1)と(2)をよく混ぜたら、<スペシャルトリートメント>完成です。


◎ケア方法

1) シャンプー前に、上で作った<スペシャルトリートメント>髪の毛にまんべんなくつけて、15分おきます。その間、ツボを指圧し、筋肉をほぐします。

2)洗い流して、シャンプーし、トリートメントは、不要です。


 

髪にまつわる『ウソ? or ホント?』③


Q.1 長髪は、頭髪ニ負担をかける?

A.1 頭皮の状態が良ければ、長髪のデメリットはありませんが、ポニーテール、逆毛で作った盛り髪、エクステは、頭皮に負担がかかるため、長期間続けることで、抜け毛の原因になります。


Q.2 肥満は、薄毛の原因になる?

A.2 運動不足からくる肥満は、体全体の血行が悪くなり、頭皮が硬くなり、その結果、末端の毛髪に栄養が届かなくなります。


Q.3 睡眠時間を十分に確保するとは、髪は伸びる?

A.3 人間の成長ホルモンは寝ている時に出ます。基本的には、十分な睡眠時間をとると良いとされています。


 

髪にまつわる『ウソ? or ホント?』②


Q.1  シャンプーの防腐剤や化学物質は、体に影響ある?

A.1  栄養や薬剤が皮膚を通して血管内に入ることはないです。もし入るとしたら、注射器はいりませんよね。


Q.2 喫煙で、髪の毛のツヤは無くなる?

A.2 喫煙は、毛髪の健康に必要な、ビタミンC、B2、B12 が失われるだけでなく、皮膚全体にも影響します。


Q.3 体毛は、ムダ毛?

A.3 危険を感じると、毛が逆立つ。これは、筋肉が収縮して体毛が空気を取り込み、皮膚を守るために起きる現象です。まさに、危険は「毛」が察知するのです。


 

髪にまつわる『ウソ? or ホント?』①


Q.1 薄毛になると、ヒゲが伸びるって、『ウソ? or ホント?』

A.1 ある部分の体毛がなくなると、違う部分から体毛が生えてくる。これは、体内の毒素を排出するための体毛の働き。なので、【ほんと!】


Q.2 「オバケのQ太郎」の頭の毛は3本?

A.2 毛髪は、1つの毛穴から、1本の毛が生えるのではなく、2本~3本生えることをちゃんと知っていのですね(笑)なので、普段から、頭髪のケアをすれば、毛穴は増やせませんが、毛の本数は増やせます。


Q.3 海藻を食べても髪の毛は増えない?

A.3 毛髪は、タンパク質で構成されているため、育毛には、卵や肉、魚をとること。健康な髪のツヤを保つには、ワカメや昆布のミネラルが大事となります。


 

【髪の悩みに効くツボ】(頭皮の赤み、かゆみ)

【髪の悩みに効くツボ】(頭皮の赤み、かゆみ)本来の頭皮は、白色に近い色をしていますが、何か炎症を起こすと、赤くなり、かゆみを伴うことがあります。炎症は、髪の毛の抜け毛や細くなる原因に繋がります。また、栄養不足や、ストレスなどは、リンパの流れが悪くなります。これらが原因で、頭皮に過剰な皮脂が分泌され、皮膚の常在菌が増えることで、炎症やかゆみが現れます。


和髎(わりょう)は、耳のつけ根の上の部分、少しくぼみのあるところにあるります。人差し指を当て、頭の中心に向かって、左右同時に押します。血行不良からくる赤みやかゆみの改善をし、他にも、眼精疲労、耳鳴り、頭痛にも効果があります。


 

【髪の悩みに効くツボ】(頭皮へ良い血液を)

【髪の悩みに効くツボ】(頭皮へ良い血液を)今回ご紹介する【ツボ】は、首のコリの解消に良いツボですが、首には筋肉があり、このコリがあるとうまく頭部へ血液を流すことができません。大人の女性で5㎏近い頭部を支える首のケアは、頭皮にとって、大変重要です。


◎風池(ふうち)は、首の一番上の部分で、頭蓋骨の際にあります。押されると響くところなので、気持ち良いと感じる方が多くて、よく使われるツボです。また、風池は、風邪の邪気が溜まるところ、といわれています。指圧のコツは、下から上に押し上げる感じです。痛いときは、さするだけでもかまいません。


 

【髪の悩みに効くツボ】(艶・枝毛予防)

【髪の悩みに効くツボ】(艶艶・枝毛予防)
ロングヘアのトラブルで多いのが、髪のパサつきや枝毛がです。髪の毛のお手入れ方法が影響します。爪を立てた洗髪やドライヤーの熱、ブッシングの摩擦などです。


◎完骨(かんこつ)は、代謝機能を整えるツボです。血液の巡りを良くし、自律神経に働きかけることで、潤のある髪の毛を整えます。また、過剰に分泌される皮脂などの解消にも効果が期待できるそうです。指圧のコツは、下から上へ押し上げる感じです。


 

【髪の悩みに効くツボ】(ハリ・コシ)

【髪の悩みに効くツボ】(ハリ・コシ)に効くツボ。
ハリ、コシが無くなる原因は、血行不良、女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。ハリとコシがない状態は、頭皮に栄養が行き届かなくなり、髪はやせ細った状態=薄毛に繋がります。


瘂門(あもん) 瘂門は、後頭部の首の上のほうにあるくぼみ(ぼんのくぼ)の、ちょうど真ん中あたりにあります。瘂門の下には延髄が通っているため、鍼灸では禁忌とされていますが、指で刺激すると交感神経が刺激されて心身が興奮状態になります。


 

【髪の悩みに効くツボ】(薄毛②)

【髪の悩みに効くツボ】(薄毛②実際にやってみると、気持ちがよく、血流が良くなることがわかりますね。幼いころ、歯が痛かった時、祖母や母が、手の平を押してくれたのを思い出しました。それも、ツボ押しだったのですね。

つづて首筋、首筋には、筋肉が多く、コリも生まれやすい箇所です。表面に出ている筋肉だけを指圧してしまうと、筋肉がこわばり痛みを出すことになります。痛みがある場合は、ゆっくりとやさしく力を入れて、奥の筋肉にも力が加わるようにしてください。血液循環を改善し、コリをほぐし、体を楽にしましょう。

◎完骨 首こり、肩こり、頭痛、安眠にきくツボです。耳の後ろの少し下の髪の生え際の凹んでいる部分にあります。親指にゆっくりと体重をかけ、押し上げるように20回ほど力を入れて緩めてを繰り返しましょう。
◎天柱 自律神経のバランスを整え、抜け毛予防にも効果的です。首筋の太い筋肉の外側にあります。20回ほど力を入れて緩めてを繰り返しましょう。蒸しタオルなどで温めることも効果的で、頭の血流が増えることを感とれるでしょう。

【髪の悩みに効くツボ】(薄毛①)

【髪の悩みに効くツボ】があるって、ご存知ですか?

ツボに感心がある人は知っていると思いますが、ツボは経穴(けいけつ)で「気と血」が通る道です。漢方医学的な考えですが、体をめぐる血液の流れが悪くなっている部分を刺激すると、脊髄や中枢に伝達され、血液循環がよくなるということです。

薄毛に悩む人におすすめのツボを紹介します。頭の血行促進で頭皮を元気にするだけでなく、リラックス効果も期待できます。

しかし、『ツボ』を押す際の注意点があります。


頭には多くのツボがあります。
特に顔の周りはツボを刺激することで、むくみニキビが改善されたり、リフトアップ効果も期待できます。顔と頭皮に溜まった老廃物を流して、すっきりしましょう。

◎百会 ストレスが原因の薄毛の人には覚えてもらいたい、頭のツボの中心となる場所です。自律神経を整え、頭痛の辛い痛みも緩和します。左右の耳の穴を結んだ頭のてっぺんにあります。やさしくゆっくりと、まっすぐ真下に押すようなイメージで、20~30回押して休んでを繰り返します。
◎角孫 頭とうなじのこわばりを取るツボです。パソコン作業が多い人は、休憩中などに押すと、疲れがすっきりとするので、おすすめです。耳の上の髪の生え際をゆっくりと20~30回押して休んでを繰り返します。頭皮マッサージの時もおすすめのツボです。※左右同時に押してください。
◎太陽 肩こりや首こり、眼精疲労、偏頭痛で悩んでいる人におすすめのツボです。こめかみから目尻よりにあります。親指で左右同時にをゆっくりと20~30回押して休んでを繰り返します。※左右同時に押してください。