【要注意な育毛剤:男性専用の育毛剤・発毛剤】

要注意な育毛剤:男性専用の育毛剤・発毛剤

抜け毛や薄毛を気にされる女性の中には、「男性用育毛剤の方が効果が強そうだから男性用を探している」「旦那と一緒に、男性用を兼用している」という方もいるかもしれません。

しかし、女性と男性では薄毛の原因がそもそも違うことは、こちらでも、何度もお話しておりますとおり、敏感さも違うので、男性用を使うことには注意が必要です。

特に注意をしないといけないのが、ミノキシジルを含有する発毛剤です。

女性は男性よりも肌が弱いこともあり、ミノキシジルを高濃度で配合する発毛剤の使用は禁止されています。大正製薬から販売されている『リアップX5』や『リアップジェット』なども、女性の使用は禁止しています。

こういったことをしっかりと理解せずに安易に使ってしまうと、副作用のリスクなどがあるので注意しましょう。

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、基本的には女性専用の育毛剤を使うことをお勧めします。女性専用として開発・販売されている育毛剤は、女性特有のホルモンバランスを考えたり、びまん性脱毛症や産後の抜け毛、更年期のケアとしても使えるように考えられているので使いやすいです。

【要注意な育毛剤:有効成分が配合されていない】

要注意な育毛剤:有効成分が配合されていない

有効成分とは、厚生労働省に効果が認められている成分のことです。

育毛剤を選ぶ時は、基本的に有効成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。有効成分が入っているかどうかは、ボトルやパッケージの成分表に必ず記載されているので一目瞭然です。

有効成分が配合されている場合、「抜け毛の予防や育毛促進、薄毛」に効果があることが認められているものがほとんど。しかし、有効成分が配合されていない場合、そもそも薄毛に効く成分は入っていないので注意が必要です。

初めて育毛剤を選ぶ場合は、まずは有効成分が入っているのかどうかをチェックするようにしておきましょう。そして、その成分が、副作用がないことも大事です。

【要注意な育毛剤:添加物がたくさん入っている】

要注意な育毛剤:添加物がたくさん入っている

育毛剤やシャンプーとは違い、洗い流さずに頭皮に塗布したまま使います。
そのため、香料や着色料などの添加物がたくさん入っているのは要注意!

これらの添加物は、少量配合されておりすぐに洗い流すなら特に問題はありません。
しかし、育毛剤のように何時間もつけっぱなしにする場合、頭皮への刺激が心配されているのです。

頭皮への刺激が心配されている成分はいくつかあるのでチェックしてみてください。

育毛剤を選ぶ時は、できるだけ「無添加」のものを選び、刺激が気になるなら「パッチテスト済み」のものを選ぶと間違いありません。

ネット通販で買える育毛剤の場合、実際に使ってみて合わない場合もありますので、成分表をチェックしてみて、添加物がたくさんある場合は注意するようにしましょう。

【要注意】頭皮への刺激が心配な育毛剤

抜け毛や薄毛対策のためには育毛剤を使うことがとても大切ですが、何を選んでも良いわけではありません。実は、使うことで逆に頭皮への刺激が心配されている育毛剤も販売されているので、注文する前には十分注意する必要があります。

具体的に、頭皮への刺激が心配な育毛剤の特徴をご紹介しますので、チェックしてみてください。

【要注意な育毛剤の特徴まとめ】
  1. 添加物がたくさん入っている
  2. 有効成分が配合されていない
  3. 男性専用の育毛剤・発毛剤
  4. 海外メーカーの育毛剤・発毛剤

【女性用育毛剤についての疑問①】

女性用育毛剤についての気になる疑問や心配点をQ&Aでお応えしていきます。

「女性用育毛剤を使いたいけど、本当に大丈夫なのか心配」という場合は、是非、参考にしてみてくださいね。


Q1 女性用育毛剤で効果を実感するまでの期間は?

A1. 女性用育毛剤は、1回や2回使っただけで効果を実感できるわけではありません。一般的には、3か月から半年程度継続することで徐々に実感される方が多くなっています。

そのため、抜け毛や薄毛が気になり始めたらできるだけ早くにケアを始めることをお勧めします。見て身むふりをしてしまい放置を続けていると、どんどん進行してしまい、それだけ対策が大変になってしまいます。

育毛剤に即効性はないので、できるだけ早くからじっくりと使うようにしましょう。


Q2. 敏感肌なので育毛剤の副作用が心

A2. 配育毛剤を選ぶ時は、「何が配合されているのか?」をしっかりとチェックすることが大切。特に敏感肌で刺激が心配な場合、頭皮へのダメージの強い成分は要注意です。

また、ミノキシジルなどの作用が強い有効成分の有無をチェックしておきましょう。
これらの成分は、作用が強い一方で副作用のリスクもあるので、必ず薬剤師さんに相談する必要があります。

副作用や刺激が気になる場合、「無添加」「パッチテスト済み」の育毛剤がお勧め。
出来る限り余計な成分が配合されていないものを選ぶことが、頭皮のためにも大切です。


Q3. 育毛剤女性用って本当に効果があるの?

Q3. 「育毛剤を1本使ったけど効果がなかった」と感じる方は少なくありません。
育毛剤を選ぶ時は、「期待できる成分が配合されているか」をしっかりとチェックする癖をつけることが大切。

実は、安い育毛剤の中にはほとんど水とアルコールしか入っていないような粗悪なものも販売されています。
成分を確認しないで適当に選んでしまうと、このような効果がほとんど期待できないものを選ぶ恐れもあるので要注意。


 

【失敗しない女性用育毛剤選び】

最近、女性の育毛剤、増えましたよね。

女性用育毛剤を選ぶときは、次のポイントをしっかりとクリアしたものを選ぶことが大切です。

  • 薄毛に効く有効成分が配合されているか
  • 奥まで浸透しやすいよう工夫されているか
  • 無添加で頭皮・肌への負担はないか
  • 女性用に開発されているか
  • 続けやすい価格なのか

これらのポイントをクリアしていない残念な育毛剤を選んでしまうと、どれだけ使っても実感できない…ということにもなりかねません。

やはりしっかりと実感するためにも、”成分の質”を見極めて期待できるものを選びたいですね。

 

【薄毛・抜け毛の悩み】(女性の薄毛は治る)

女性は、男性と違い、1本の髪の毛がドンドン細くなる特徴があります。

太さを回復するには頭皮ケアが重要なポイントです。

頭皮が柔らかくなると、髪の毛は育ちやすくなります。

 

そして髪の毛1本の太さを20%太くするだけで、全体の量は1.5倍に回復します。

5年前、10年前のあなたに戻れるなんてワクワクしませんか?

閉じてしまった毛根を復活させ、今ある髪の毛をほんの少し太くする。女性の薄毛はこれを目標にケアするべきです。

なぜなら男性の薄毛とまったく違うからです。女性の薄毛は髪の毛全体が細くなります。

 

【薄毛・抜け毛の悩み】(薄毛になりやすい女性!)

薄毛になりやすい女性!

女性で薄毛を発症してしまう方には以下の様なタイプがあります。


1・ストレスをためる生活をしている

2・過度なヘアケアをしている

3・薄毛の遺伝を持つ

ご覧の通り、ほとんど生活を改善することで薄毛の改善が期待できそうです。 しかし遺伝となるとどうすれば良いのでしょう。

もう防ぐ方法や対策はないのでしょうか?

いいえ。 現在は女性用の育毛剤もありますし、ウィッグというものもあります。 またヘアスタイルを工夫することで薄毛を意識しないようにできます。

女性でも薄毛を諦める必要はないのですね。

もしかして私も?

思い当たることはありませんか?


女性の薄毛の対策方法まとめ

女性で薄毛になりやすいタイプは、やりすぎ、足りない、遺伝と大きく3タイプに分けられます。 栄養をやりすぎたり、女性ホルモンが足りなかったり、ご両親からの遺伝です。

前のふたつは予防や対策もできますが、遺伝となればどうすればいいのでしょう?

これから女性のための薄毛の対策方法を紹介していきます。 その中にはあなたに合うものがきっとあるはずです。

対策1:食生活を見直す

対策2:育毛剤

対策3:クリニック

対策4:ヘアスタイル

対策5:シャンプーを見直す

この5つが、どの書籍を読んでも、記載されています。しかし、それ以外にありますよね。頭皮に良い成分を与えること。

私は、頭皮に良い成分を与えることが、今後もっと、当たり前になりると思っています。


【薄毛・抜け毛の悩み】(修復するには実は頭皮からのケアが重要!)

一度傷めてしまった髪の修復はなかなか難しいものです。そのため、髪のサイクルをうまく利用して、新しく生え変わる髪を健康に保つことが大切になります。ここでは、髪の傷みを修復する頭皮のケア方法などについてご紹介します。


髪の毛が伸びる仕組みを知りましょう

髪の毛は、頭皮から体の外に飛び出している「毛幹」と、頭皮の中側にある「毛根」に分かれています。一般的に髪と呼ばれているものは毛幹の部分であり、髪は毛根の先にある毛球が成長することによって伸びていきます。

毛球の先端部は毛乳頭と呼ばれており、毛乳頭は毛母細胞の成長を促すはたらきを持っています。成長が促されると毛母細胞は分裂していき、毛根が押し上げられることによって毛幹が長くなっていきます。

ヒトの毛根は母親のお腹の中にいる段階でつくられるため、後天的に毛根の数が増えるようなことはありません。

髪の生え変わりであるヘアサイクルを知りましょう

1本の髪が成長し、その髪が抜け落ちるまでの周期をヘアサイクルと言います。ヘアサイクルは、髪が伸びる成長期・髪の成長が止まる退行期・新しい髪が古い髪を押し出し抜けるまでの休止期の3つの期間に分かれています。

一般的に髪は、1日に0.3~0.5mm程度成長し、1か月で約1.2cm、1年経過すると約15cm伸びるとされています。ただし、切らなければ永久に伸び続けるわけではなく、4~6年程度で自然に抜け落ち、その部分から新しい髪が生えるというサイクルが繰り返されています。

髪のヘアサイクルは1本1本異なるため、すべての髪が一度に抜け落ちるようなことはありません。

ヘアケアは日々の積み重ねが大切です

髪の毛幹は、死んでしまった細胞でできています。そのため、髪は一度傷んでしまうと、完全に修復することは難しくなります。美しい髪を手に入れるためには、髪を支える頭皮を大切にケアし、新しく生える髪を傷つけないようにすることが大切です。

ヘアケアの基本は、毎日の生活習慣の積み重ねです。まずはドライヤーのかけ方を見直しましょう。

髪は表面の温度が100℃に達すると、タンパク質が変質してしまいダメージを受けます。ドライヤーを髪から10cm以上離して使用することで、髪にあたる熱風の温度を下げることができます。

また、髪が乾いたと思ったらすぐにドライヤーの使用をやめ、必要以上に温風を浴びせないようにしましょう。

髪にやさしい地肌の洗い方

まずは髪をブラシでとかし、乾いた髪にトリートメントを使用します。そのまま数分放置し、軽く流して予洗いをします。予洗いをすると、シャンプーの泡立ちがよくなり、髪同士の摩擦を防ぎながら地肌を洗うことができます。

シャンプーを手で軽く泡立て、指の腹でやさしく地肌まで丁寧に洗います。その後は十分にすすぎ、コンディショナーで仕上げましょう。ここでも数分放置することによって、髪のダメージを抑えることができます。タオルドライはキューティクルを傷つけないよう、軽く叩くように行いましょう。

日々の積み重ねで頭皮を常に清潔に保つことは、美しい髪への近道です。ダメージの予防と合わせて、実践してみましょう。

【薄毛・抜け毛の悩み】(育毛シャンプーは、抜け毛に効きますか?②)

薄毛・抜け毛の疑問

Q. 育毛シャンプーは、薄毛に効きますか?

A. 結論は、抜け毛対策には育毛シャンプーだけでは不十分です。

育毛シャンプーは抜け毛にどんな効果があるの?

育毛シャンプーは当然、頭皮環境を整え、抜け毛を予防するために開発されているのできっと髪に良いんだろう・・・そう思って使用している方も多いはず。
けれど実際には育毛シャンプーを使用することでどんな効果があるのか知らない人は多いはず。どんな効果があるのかみていくことにしましょう。

血行促進効果

血行が悪くなると頭皮や髪に十分な栄養が行き届きません。せっかく髪に良い食品を取り入れてもこれでは意味がありません。血行促進することで、抜け毛予防につながるといわれています。

必要な皮脂を残す

実は、一般的に使われているシャンプーはとても刺激が強く、シャンプーをすると、本来必要な皮脂まで洗い流してしまう傾向があります。
頭皮は、なくなってしまった皮脂を作ろうと分泌を活発にして結果、頭皮が脂っぽくなり、また、刺激の強いシャンプーで強く洗うということを繰り返してしまいます。
育毛シャンプーは、頭皮にやさしい成分でできていてある程度必要な皮脂を残して頭皮環境を整えてくれるのです。

炎症をおさえる

頭皮が赤くなっている方や湿疹ができてしまっているなど頭皮が荒れていると、抜け毛も改善できません。育毛シャンプーには、このような炎症を抑える効果があり、頭皮環境を整えてくれます。

抜け毛に効く育毛シャンプーの使い方

育毛シャンプーが抜け毛や薄毛に効果的なのは分かったけれど、シャンプーの使い方が間違っていると効果も半減してしまいます。それでは、育毛シャンプーの正しい使い方を確認していくことにしましょう。

ブラッシングをしよう

男性の方は、ヘアブラシなんて持ってないって方も多いことでしょう。しかし、シャンプーの前にブラッシングを行うことで、髪についている汚れやほこり、古い角質を落とすことができますよ。また、シャンプー前にブラッシングしておくと、髪がからまったりすることなくスムーズにシャンプーを行え、抜け毛も予防します。
ブラッシングを行う際はやさしく丁寧にが基本です。持ってない方は今すぐヘアブラシを購入しましょうね!

予洗いを丁寧に!

あなたは、シャンプーの前に髪をしっかり洗っていますか? 軽く洗い流している方は要注意です!先ほどのブラッシングで出てきた汚れを洗い流します。このとき熱いお湯ではなく38℃くらいのぬるま湯がおすすめです。熱すぎると頭皮が乾燥し皮脂の分泌が活発になります。短髪でもしっかり2~3分は洗い流しましょう。このときゴシゴシ洗わず、指の腹を使ってやさしく丁寧に行いましょうね。

シャンプー

さてやっとシャンプーです。シャンプーをするまでにこんなに手順があるなんて驚きですよね。シャンプーは、必ず手のひらで泡立ててから頭皮につけるようにしましょう。間違っても直にシャンプーをつけないようにしてくださいね。摩擦で頭皮にダメージを与えてしまいます。泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットが100円均一でも売っていますので使用するのもおすすめですよ!そして、専用の器具などを使ってゴシゴシ洗うのもNGです。指の腹で丁寧に!!が基本です。

すすぐ

実はすすぎは、かなり重要です。シャンプーが残らないように3分~5分ぬめりが残らないようにしっかり洗い流してください。また、育毛シャンプーは髪を保護したり保湿してくれる働きがありますからリンスやトリートメントはあまり必要ありません。

育毛シャンプーを使用してもすぐに効果は感じられないでしょう。なぜなら髪にはヘアサイクルというものがあるからです。頭皮の異常や抜け毛が増えたなどの症状がみられなければまずは3ヶ月間は使い続けましょう。

抜け毛対策には育毛シャンプーだけでは不十分

より効果的に抜け毛を改善したいのなら育毛剤との併用がお勧めです。シャンプーはどうしても洗い流してしまいますので、直接塗布する育毛剤は効果的です。
ただし、リンスやトリートメントを使用してから育毛剤を使用する場合、頭皮に膜ができて効果が薄れることがあるのでリンスやトリートメントの使用は控えましょう。
育毛シャンプーと育毛剤をうまく使いこなして抜け毛や薄毛を予防しましょう!