【女性のための髪育】(薄毛に影響すること)

ヘアスタイルが薄毛に影響する理由

◎頭皮の同じ箇所への負荷が薄毛に影響する
ヘアスタイルによっては、頭皮の同じ箇所にいつも負荷がかかっていることがあります。元気な髪は健康な頭皮から生えてきますが、負荷によって血行不良が起きてしまうと、髪を作り出す毛母細胞に栄養や酸素が回りにくくなり、薄毛の原因になってしまいます。

髪をきつく結んでいるヘアスタイルですと、毛根に毎日負担がかかって炎症が起きやすくなりますし、最悪の場合、牽引性脱毛症となり髪が抜けてしまうこともあります。

◎頭皮の残留物が薄毛に影響する
シャンプーやトリートメント、整髪料が十分に洗えていないと、頭皮に雑菌が異常に増えてしまったり、余分な脂分が分泌されてしまいます。

◎シャンプーの回数が薄毛に影響する
スプレーでガチガチに固める必要があるヘアスタイルの場合、落ちにくいからと2回3回と同日にシャンプーしていませんか。シャンプーの回数が多すぎると、頭皮に必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥や炎症から薄毛の原因になります。

◎ドライヤーが薄毛に影響する
乾いた頭皮の一ヶ所に高温が当たり続けていると、頭皮からどんどん水分が奪われて乾燥状態になり、細くて不健康な髪しか作れなくなる場合もあります。

逆に、シャンプー後の頭皮をしっかり乾かせていないと、雑菌が繁殖し脂漏性湿疹などになりやすくなります。炎症の起きた毛穴では栄養を十分に吸収できず、髪が細くなったり髪が抜けやすくなってしまいます。

 

【女性のための髪育】(薄毛になりやすいヘアスタイル)

薄毛になりにくい髪型やヘアスタイルってあるの?

毛根や頭皮の一部に負荷を与えないことを意識して、薄毛になりにくい髪型やヘアスタイルを決めましょう。もし、既に薄毛の兆候がある場合は、その部分の髪の長さは短いヘアスタイルにすると良いです。

◎髪の長さは?

ショートヘアとロングヘアで比べてみると、どちらかといえばショートヘアのほうが、薄毛になりにくいといえるでしょう。

ショートヘアのほうが、シャンプー時に頭皮の汚れも落としやすいですし、ドライヤーで乾かす時間も短いので、頭皮の水分や皮脂バランスが取りやすくなり、薄毛になりにくくなります。

◎引っ張って結ばないヘアスタイル

ショートでもロングでも、髪の一部、または全体を引っ張ってゴムで強く結ぶのは避けたいヘアスタイルです。特に前髪と耳周りの毛を引っ張って固定していると、薄毛になりやすくなります。エクステを同じ箇所につける髪型もNGです。

◎ふんわりボブスタイル

分け目はランダムなジグザグにし、毛先のみパーマで動きをつけた、ふんわりとしたボブスタイルなら頭皮も突っ張らず、薄毛になりにくいです。薄毛予防に分け目を左右に時々変えましょう。

◎レイヤーを入れたロングスタイル

ロングヘアの場合、髪の重さだけでも毛根に負荷がかかっています。特におでこの生え際が薄毛になりやすいので、前髪は眉毛を目安にカットして、軽くレイヤー(髪に入れる段)を入れましょう。

ロングヘアの下側1/3ぐらいにもレイヤーを入れ、重さを軽減します。ストレートヘアでもパーマヘアでも動きのある髪型になります。

以上のような事に気をつけて、薄毛や抜け毛を予防しましょう。

【女性のための髪育】(シャンプーにまつわるQ&A②)

◎今まで愛用していたシャンプーが合わなくなってきた気がします。
頭皮や髪の状態は、年齢によって変化していきます。また、加齢にともないアレルギーが出てくることもあり、これまで平気で使っていたシャンプーが、ある日突然合わなくなることも。頭皮の変化に合わせてシャンプーも変えていきましょう。

◎シャンプーを使わない湯シャンでも、洗髪効果はあるのでしょうか?
お湯ですすぐだ けでも、 ある程度の汚れは落とすことができます。 しかし、頭皮の油汚れはお湯だけでは落としにくいものです。やはり、1日に1回はシャンプーで洗髪することをおすすめします。皮脂量が減り、乾燥気味の場合は、2日に1度のシャンプーでもいいかもしれません。

◎トリートメントはしたほうがいいのでしょうか?
髪のパサつ きや傷みが気になるときは、トリートメントで補修、コーティングしたほうが傷みを軽減できます。また、指どおりをよくするといった意味でも効果的。髪が引っかかりやすいと抜け毛の原因にもなります。自分の髪の状態に合わせて使うとよいでしょう。

【女性のための髪育】(シャンプーにまつわるQ&A①)

シャンプーの選び方や効果について、気になる疑問をまとめてみました。

◎子どもにはどのようなシャンプーを選べばよいでしょうか?
子どもの肌はバリア機能が整っていないため、外からの刺激を受けやすいもの。基本には低刺激のもので、ていねいに洗ってあげましょう。ただ、最近は、アレルギーを持つお子さんも増えています。合う、合わないは個人差があるので、初めにパッチテストをするなど慎重に取り扱ってください。

◎女性が、男性用シャンプーを使用しても大丈夫でしょうか?
男性は女性よりも皮脂量が多いため、男性用シャンプーは脱脂力が強く、清涼感を感じやすいように作られています。女性が使うと頭皮が乾燥しやすく、フケやかゆみが出ることも。ただ、そのような頭皮トラブルがなく、 自分の頭皮に合っているようでしたら、使用しても問題ありません。

◎ノンシリコンシャンプーは、本当に髪によいのでしょうか。
「シリコン」 とは、 はっ水性に優れた高分子ポリマーです。髪の毛や肌をコーティングして、ツヤや手ざわりをよくします。シャンプーやトリートメント剤のほか、フアンデーションや 日焼け止めなどにも使われています。よく毛穴を詰まらせるといわれますが、そのような科学的根拠はありません。ですから「シリコン入りは髪に悪く、ノンシリコンは髪にいい」ということはありません。使用感によって使い分けたいものです。

【女性のための髪育】(シャンプー剤の種類)

【シャンプー剤の種類】は、大きく分けて3つです。容器に記載された【成分】を見れば、どのタイプかわかります。

◎アミノ酸系
<特長>洗浄成分 にア ミノ酸の成分を使用したもの。髪や頭皮にはとてもやさしいシヤンプーです。しかしその分、洗浄力はマイルドなので、時間をかけてて いねいに洗う必要があります。
<こんな人におすすめ>・頭皮が乾燥ぎみの人・頭皮トラブルがある人・アレルギー体質の人・肌が弱い人。
<主な洗浄成分>ヤシ油脂肪酸 メチルタウリンナトリウム・ココイルグリシ ンナトリウム・ココイルグルタミン事ナトリゥム・ココアンホ酢酸ナトリウム

◎高級アルコール系
<特長>ドラッグストアーやスーパーなどで市販されているものの多くがこの タイプ鉱物油や動植物脂などから作られた洗浄成分を使用しています。よく泡立つので使い心地は良い。ただ、洗浄力・脱脂力が強いので、頭皮への刺激も高めです。頭皮のトラブルを起こしゃすいので、成分を残さないように、しっかりすすぐ必要があります。肌の弱い人には不向きす。
<こんな人におすすめ>頭皮 がオイリーな人。
<主な洗浄成分>
・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸アンモニウムポリオキシェチレンアルキルエーテル・硫酸アンモニウムなど。

◎石鹸系
<特長>洗浄成分が、せっけんでできているシャンプー。天然原料で無添加なため、安全志向の人に人気です。毛穴の汚れまでしつかり落とす高い洗浄力を持つため、皮脂をとりすぎてしまう傾向があり、髪がきしみやすい。石けんかすが残らないように、しっかりすすぐ必要があります。ロングヘアの人には、不向きです。
<こんな人におすすめ>頭皮がオイリーな人・頭皮が健康な人。
<主な洗浄成分>石けん素地・脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムなど

【女性のための髪育】(シャンプーの種類と選び方②)

最近では、シャンプーの種類もさまざまです。シャンプーの主な新しい傾向を以下にまとめました。

◎ノンシリコンシャンプー
『シリコン』が入っていないシャンプー、決して悪者ではないシリコンですが、ナチュラル志向も手伝ってか、シャンプー界で、『ノンシリコン』が謳われるようになりました。しかし、コーティング剤が入っていないため、洗いあがりにきしみがあります。

◎オイルシャンプー
オイル成分を配合した、保湿力の高いシャンプー。ほとんどの製品が天然由来の植物オイルを使用しており、『ノンシリコン+オイル』という、製品も増えています。オイルの作用で、ノンシリコンシャンプーより、優しい手触りです。

◎エイジングケアシャンプー
加齢に伴う、髪の悩みを軽減するシャンプー。髪に、ハリやコシを与えてボリュームアップを図ったり、頭皮環境を整えたりするものがあります。悩む人が多いせいか、続々と、新商品が販売されています。

◎スカルプケアシャンプー
毛穴のつまりを取り除くための成分を配合したり、フケやかゆみを軽減させる成分を配合したりと頭皮環境を整えるものがあります。いろいろな製品がありますが、洗い上りが、さっぱりしているものが多いです。

【女性のための髪育】(シャンプーの種類と選び方①)

シャンプーは、髪の毛ではなく、頭皮に合ったものを選ぶのが良いです。
シャンプーを選ぶ際に、多くの人が、髪の毛の質感の良さでシャンプーを選びますが、ポイントは、自分の頭皮の環境にあったものを選ぶことが大切です。

評判の良いシャンプーでも、使用したのち、頭皮が不調になれば、頭皮の環境に合っていないことがわかります。

正常な頭皮は、適度に皮脂の分泌があり、地肌の色は、青白く、皮膚異常のない状態です。頭皮の突っ張りやベトつき、フケ、かゆみがあるときは、シャンプ剤の見直しをしましょう。大まかな目安として、乾燥を感じるときは、洗浄力や脱脂力の低いものを選び、逆に、頭皮のベタつきを感じた時は、洗浄力や脱脂力の高いものに変えると良いでしょう。

 

【女性のための髪育】(薄毛のヘアケア③)

③洗髪後は、水分を残さず、ドライヤーでしっかり乾かします。
髪の毛にも頭皮にも、水分は大敵です。髪の毛は、濡れるとキューティクルが開き、とても無防備になります。ちょっとしたことでも、ダメージを受けます。髪の毛がこすれ合うだけでも、キューティクルは剥がれますし、髪の毛がパサパサに乾燥しても同様です。頭皮を濡れたままにしておくと細菌の増殖につながり、頭皮へのダメージを受けやすくなりますので、洗髪後は、しっかり、乾かしましょう。

④髪の根元から、丁寧にブラッシング。
ブラッシングのやり方次第で、髪の毛や頭皮への負担をかけないで済みます。無理に引っ張れば、髪の毛は、切れてしまいます。または、抜けてしまいます。さらに、早いスピードでブラッシングすると、髪との摩擦で、髪を痛め、静電気までを起こします。ブラッシングは、少しずつ、丁寧に、行うことが良いです。ブラシは、常に清潔を保つことを心がけ、汚れは、その日のうちに取り除くようにしてください。

⑤『コンディショナー』と『トリートメント』って、どう違うの?
『コンディショナー』は、髪の毛の表面をコーティングして保護するものです。『トリートメント』は、髪の内部に浸透し、髪の状態を良くします。しかし、メーカーによって、その境界線は、さまざまです。多くの『トリートメント』は、『コンディショナー』の機能をもっているようです。

【女性のための髪育】(薄毛のヘアケア①)

誰にも聞けない、『薄毛の悩み』少しでも、髪の毛に良いことを…。
悩める女子へ、薄毛のための正しい【ケアケア】

正しいヘアケアの一番は、シャンプ!基本中の基本。
一日1回で十分ですですので、正しい洗い方をして、きちんと乾かすことができれば、特別なケアは必要ありません。

①シャンプーで頭皮の汚れを洗い流す。
洗髪で大切なのは、髪の毛を洗うのではなく、【頭皮】を洗うことが大切です。
髪の毛の汚れは、シャンプー前のブラッシングやすすぎで、ほとんど落ちますが、頭皮の古い角質や皮脂、汗が乾燥した塩分や尿素は落ちにくいですので、シャンプー剤を使用し、優しく、丁寧に洗いましょう。

②トリートメントで髪の油分を補う。
トリートメントは、髪の栄養や油分を補い、髪の毛を保護したり、指通りを滑らかにする役割を果たします。髪がゴワゴワで引っ掛かりやすいと、髪の毛を痛めます。
しかし、トリートメントが頭皮についていると、毛穴を詰まらせますので、シャンプー同様、すすぎは、しっかり行いましょう。

③シャンプーは、朝より夜が良い。
一日の汚れを落として、就寝するようにしましょう。シャンプーは、一日1回で十分です。