開発経緯

後は未承認薬でロゲインという薬で海外からの輸入品なのですが、当時はまだ高く1本1万円でしたが1本3000円位のものを300本は使っています。

それは発毛する薬で、途中までは生えるんですけど副作用があります。
血流を良くする物なので動機が激しくなったり、心臓にバクバク来る人もいます。

飲むタイプは病院で処方されます。
付けるタイプは今はリアップと言う製品で薬局で薬剤師の処方箋で買えます。

昔の熱中時代の先生!
水谷豊さんです!

「僕の先生は~♪  フィーバー♪
嵐を巻き起こす~♪   フィーバー♪   どんな時だああって~~♪」

今は、相棒の人、
が宣伝している製品です。

こちらは首の後ろがかぶれて象の皮膚みたいになってしまい、掻いてしまって、
サラリーマン時代にワイシャツを血だらけにしてしまった事もあります。

他にも飲むものでプロペシアもありましたが、これは男性ホルモンを抑える為に
性機能が少しダメになるような副作用がありました。