生える作用の模式図

トリカHの生える作用メカニズムは4つの視点から成り立ちます。
4段階法とも言いましょうか。

①LPS+フランス海岸松ポリフェノールの作用
髪が生える土壌である細胞、マクロファージをプライミング状態にします。
プライミングとは程よい活性状態のことで、髪の毛が生える周辺細胞の赤みなど炎症状態を押さえ、良い状態を作ります。

②ウコン幹細胞エキス
髪が萎えることを防ぐために、毛乳頭にある遺伝子を調整し、髪の若さを保ちます。

③キャピキシル
毛包幹細胞、バジル(栄養の貯蔵庫)にコラーゲン17を与え、生える栄養満点にします。

④ピディオキシジル
ミノキシジルの近似成分であり、血流改善をして毛を太くします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です