【トリカH】(特許成分の特長④-2)

トリカHは、ダブル特許成分を配合し、独自の製造方法でシアル酸、EGF、FGFが壊れません。その成分は、加水分解アナツバメ巣エキス、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)は、

FGFは真皮にまで浸透して、細胞の成長と増殖を促す役割のほか、以下のような効果効能があります。

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)の主な効果/効能/作用

・ニキビ跡をなくす
・白髪の発生を抑える
・コラーゲンを生成する

さらにEGFと一緒に利用することで相乗効果を得られ、高いアンチエイジング効果が得られます。このFGFの過剰摂取による副作用は報告されていません。

そのため、摂取量の目安も定められていませので、製品ごとの用量を守ることが大切です。

また、化粧品として皮膚から直接摂取しても細胞の過剰な分裂や再生を起こさないので安心してください。

【トリカH】(特許成分の特長④-1)

トリカHは、ダブル特許成分を配合し、独自の製造方法でシアル酸、EGF、FGFが壊れません。その成分は、加水分解アナツバメ巣エキス、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)は、

FGFは、ヒトオリゴペプチド-13と呼ばれ、正式名称が「酸性線維芽細胞成長因子」といいます。

FGFは、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)と同様に体内にある成長因子の一つで、
FGFの主な働きは真皮にまで浸透して、細胞の成長と増殖を促します。このFGFを摂取すると、アンチエイジングすることが出来るのです。

特に年齢を重ねるとEGF同様に体内から減ってしまうため、摂取することが大切です。

FGFには、FGF-1とFGF-2、FGF-7の三つに分類することが出来ます。そして、この中でも特にスキンケアとして効果が高いものがFGF-1となっています。

このFGF-1の働きは、コラーゲンや、ヒアルロン酸などの線維芽細胞に働きかけて、肌にハリや潤いを与えるようになります。

 

【トリカH】(特許成分の特長③)

トリカHは、ダブル特許成分を配合し、独自の製造方法でシアル酸、EGF、FGFが壊れません。その成分は、加水分解アナツバメ巣エキス、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)は、

EGF(Epidermal Growth Factor)とは、人間の体が本来持っている因子で、皮膚の表面にある受容体と結びつき新しい細胞の生産を促進する、体内で形成されるタンパク質の一種なのです。実は、肌だけではなく、唾液や母乳などにも多く含まれているのです。

アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見されました。
この発見によりコーエン博士はノーベル生理学医学賞を受賞しました。
日本語では、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」と呼ばれています。

年齢を重ねるとEGFの分泌量は減少していき、細胞の再生活動は遅くなり、肌は老化していきます。そこで、このEGFをお肌に補給すると、年齢とともに低下する肌本来の力を助けることができ、皮膚細胞の新生を活発にすることができるのです!

しかもEGFは細胞内で満たされると、それ以上取り込まれることはありませんので、副作用のない安全な成分と言われています。

アメリカでは、EGFは新生細胞の成長を平均284%促進することが確認されていると発表されています。

【トリカH】(特許成分の特長②)

トリカHは、ダブル特許成分を配合し、独自の製造方法でシアル酸、EGF、FGFが壊れません。その成分は、加水分解アナツバメ巣エキス、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

加水分解アナツバメ巣エキスは、

美容にも効果のある高級食材アナツバメの巣を抽出、分解し分子状にしたエキスです。純度の高いアナツバメの巣には、免疫力向上、頭皮強壮効果のある「シアル酸」、新陳代謝促進、血管新生作用などの機能再生能力に長けた「EGF」などの成分が含まれています。

とくに「EGF成分」には皮膚細胞の増殖作用があり、その力はローヤルゼリーの200倍のエイジングケアパワーとも言われている成分です。

肌の老化防止やはり、キメを整え、若々しい肌を維持する役割をもっている高価な美容成分です。

【トリカH】(特許成分の特長①)

トリカHは、ダブル特許成分を配合していますので、毛髪にハリとコシを与え、毛母細胞を活性化する成分を配合しています。

その成分は、特許成分である、パントエアLPS/コメヌカ発酵エキス液

パントエアLPSは、

1)年齢肌に必要なヒアルロン酸をサポートします。

2)肌本来の力を引き出すパワーがすごいです。

3)肌なじみが良く、しっかり浸透します。

コメヌカ発酵エキス液は、

1)肌機能活性効果や肌のバリア機能と角質を潤す保湿効果に優れています。

2)刺激を受けやすい乾燥肌や肌荒れなどを防ぎます。

3)似た成分にライスパワーエキスNO.11がありますが、ライスパワーエキスNO.11とコメヌカ発酵エキスは作られ方から効果までまったく異なるものなので混同しないように注意してください。

 

【トリカH】(ピディオキシジルは、まつ毛美容液で立証済み)つづき②

ピディオキシジルはミノキシジルと同じ育毛効果がある?
半分ウソ!確かにピディオキシジルはミノキシジルに良く似た分子構造を持っているので成分として、ミノキシジルと同じ効果が期待できます。ただし、あくまでもモルモットや試験管で行われた実験結果であり人間の頭皮でミノキシジルと全く同じ育毛効果が立証されている訳ではありません。

つまり、実際にはミノキシジルは人体での育毛効果が立証されている点を考えると、ピディオキシジルよりもミノキシジルの方が髪の毛が生える可能性は高いといえます。

ただし、ミノキシジルには副作用の危険性がある為、副作用の不安がある人にとってはピディオキシジルを使用した方がいいと言えます。

ミノキシジルの成分にとても似ている。ミノキシジルと違い副作用がなく、又、皮膚からの吸収が良いピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)の効果

血行促進

頭皮の老化防止

毛母細胞活性化

薄毛の原因である男性ホルモンの抑制

育毛・発毛促進

抜け毛予防

髪にハリ・コシ・ボリュームアップ

ミノキシジルは育毛にもっとも効果的だと言われる成分ですが、副作用の危険性があるために多くの方が使用を控えてきました。しかし、ミノキシジルと同じ育毛効果が期待できる上に副作用がないピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)は今後のますます注目が集まる成分になると思われます。

 

【トリカH】(ピディオキシジルは、まつ毛美容液で立証済み)つづき①

ピディオキシジルについての噂はウソ?ホント?

育毛業界内ではかなり注目を集めている成分ですが、まだまだ出てきて間もない成分という事でネット上ではいろいろな情報や噂が飛び交っていますね。

そこで、まだ、新しい育毛成分ピディオキシジルの噂についてウソなのか本当なのかを調べました。

ピディオキシジルはミノキシジルとそっくり?
ホント!ピディオキシジルとは別名でミノキシジル誘導体と言われ、ミノキシジルにとても良く似た成分で、ミノキシジルの分子配列の一部を別の分子に置き換えたものです。

その違いはミノキシジルで五角形だった丸の部分がピディオキシジルでは六角形になっているという違いだけです。化学的に詳しく説明すると環を構成する炭素の数が1つ少ないという事です。

ピディオキシジルに副作用はない?
ホント!このピディオキシジルはミノキシジルの有効性を残したまま、デメリットとして挙げられていた副作用をなくしました。

ミノキシジルの副作用の原因は『血管拡張作用』にあったのですが、ピディオキシジルはその血管拡張作用を排除することで、ミノキシジル使用者に見られるめまいや頭痛、むくみなどの副作用をなくして、多くの人が使ってもらえるように改良された成分でです。

 

【トリカH】(ピディオキシジルは、まつ毛美容液で立証済み)

実は、このピディオキシジルは育毛剤よりも先にまつ毛美容液に配合されて、その発毛効果が口コミで話題を呼んで大ヒットになりましたよね。

女性はマスカラやつけまつげ、エクステンションなどでまつ毛への負担が大きく、まつ毛が抜けて薄くなり悩んでいる人が多いようです。

そこに目を付けたのがスカルプシャンプーでおなじみの『スカルプD』です。

スカルプDはまつ毛美容液にピディオキシジルをいち早く配合して、その効果が話題となりレビュー件数はなんと24500件以上と爆発的なヒット商品になりました。

そして、ついに育毛剤にも配合されることに・・・

スカルプDのまつ毛美容液にピディオキシジルが配合されて爆発的にヒットしたのですが、その当時はピディオキシジルが育毛剤に配合されることはありませんでした。

中には、まつ毛美容液でこれだけまつ毛が生えるならとまつ毛美容液を頭皮に使用しようと試みた人もいたようですが、まつ毛美容液には緑内障治療液などの成分も一緒に配合れれている為、頭皮が炎症を起こす可能性が高いので使用は避けられてきました。

その後に成分の調合や開発が進められてようやくピディオキシジルを配合する育毛剤が市場に出てき始めてきました。しかし、ピディオキシジルはまだまだ出てきて新しい育毛成分なので効果についてのいろいろな噂や情報が飛び交っています。

じっくり、検証しましょう。

【トリカH】(ピディオキシジルの効能と評価)

ピディオキシジルの効能と評価

ピディオキシジルは『副作用の発生しないミノキシジル成分』と言い換えることができる高評価成分となりましたが、まだ多くの方に知られている成分ではありません。

これには効能的理由が存在します。

◆血管拡張効果の欠損

ミノキシジルの発毛効果には、毛根毛細血管の拡張効果というものが関連します。この効果で毛根への血流を増加させて栄養供給を増加させる作用です。

しかし血管拡張作用はミノキシジル特有の血圧降下特性に起因するものであり、その特性を取り除いたピディオキシジルには単体での発毛効果がミノキシジルに劣る点が考えられました。

ここで化粧品カテゴリがメリットとなったのです。

日本薬事法では複数の作用を持つ成分を合成することが簡単ではありません。例えば『リアップ』の場合、ミノキシジル以外に別の発毛成分を組成に加える事がおこなわれていないことでわかると思います。(※海外製品ではこの限りではありません。)

しかし化粧品や健康補助食品のカテゴリの場合は、医学的見地の副作用認識が存在しないことから複数の成分を合成することが可能になっており、この取り決めによって日本製の化粧品や健康補助食品、サプリメントが世界トップレベルの効能品質を持っているとも言えます。

ピディオキシジルは、分子構造上の新たな特性として浸透率が非常に高い組成を持っており、ミノキシジル起因の毛根活性因子を併せ持っていることから天然発毛成分との合成が進められたのです。

【トリカH】(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとは?)

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとは?

別名を「ピディオキシジル」といい、主に男性用育毛剤に使用されている成分です。

元々、高血圧治療薬として開発されたミノキシジルという薬がありましたが、副作用として発毛効果があることがわかり、「リアップ」として販売されるようになりました。

しかしミノキシジルには本来の血圧降下作用に加えアレルギー、性欲減退などの副作用があり、そこで開発されたのがピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)です。

ミノキシジルの分子構造を少し変えることで副作用を抑え、育毛作用はミノキシジルと同等、しかも吸収されやすいという特徴があります。

しかし発毛には血行促進が必要で、ミノキシジルの血圧降下作用が大きく関わっていたため、その作用がなくなったものでは発毛効果が薄れ、単独では発毛に至らないケースもままあるようです。