【善玉菌の好物(エサ)】


腸内細菌の種類の1つである ”善玉菌” 。

その働きは、悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したり、ヒトの体に有用な働きをする菌であることから、腸内環境において、有力です。

では、この善玉菌を増やすには、どのようにしたら良いでしょうか?

善玉菌の栄養源となる成分としてぜひ摂りたいのが、食物繊維とオリゴ糖です。食物繊維は、穀物、芋類、豆類などの他、海藻類やキノコ類、コンニャク、ゴボウやニンジンなどの野菜に多く含まれる成分です。毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

また、前述に併用して、外から善玉菌を摂取することも効果的です。食品ならばヨーグルトやチーズ、発酵食品の漬け物やキムチ、味噌や納豆などに、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が豊富に含まれています。乳酸菌飲料などのドリンクやサプリメントも、おやつ感覚で手軽に取り入れられるので便利です。

このように、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで、腸内細菌は、腸内をスムースに移動でき、エサを得やすくなります。

腸内フローラの動きが増して、免疫機能が活発になります。

次回は、【きれい好きは、免疫力を下げる】

 

 

【腸内細菌の種類とはたらき】

腸は、第2の脳と言われるほど、生命において、とても重要な存在です。

その腸内細菌の種類、はたらき、代表的な細菌の種類は、

善玉菌(有用菌): 悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したり、ヒトの体に有用な働きをする菌。種類:ビフィズス菌、乳酸桿菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌。

悪玉菌(腐敗菌):腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌。種類:クロストリジウム(ウェルシュ菌など)、ブドウ球菌、ベーヨネラ。

日和見菌 :善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れたとき悪玉菌として働く菌 。種類:大腸菌、バクテロイデス。

健康維持には、これらの菌がバランス良く保たれることが、重要です。

バランスを崩し、悪玉菌が優性になると、腸内の腐敗が進行し、有害物質が発生します。

さらに悪化すると、腸管から有害物質が吸収され、肝臓、腎臓、心臓に負担をかけ、癌をはじめとする、生活習慣病を引き起こします。

次回は、【善玉菌の好物(エサ)】

 

 

【腸内フローラとは】

最近、TVや雑誌でも取り上げるようになった【腸内フローラ】。

しかし、大きな声では言えませんが、腸内フローラ(Flora)って、いったい何?

腸内フローラとは、

人の腸内には、多くの細菌が住んでいます。これを腸内細菌といい、その種類は100種類以上、数にして、約100兆個ともいわれています。

なかでも、回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、その多様な腸内細菌が種類ごとにまとまって、腸内の壁面に生息しています。

その姿が、まるで、多種の植物が種ごとに群生している花畑のように見えることから、腸管における腸内細菌の様相を「腸内フローラ」又は、「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼んでいます。

次回は、【腸内細菌の種類とはたらき】

【マクロファージの弱点】

健康を維持する上で、大切なシステム、マクロファージ。前回、それを活性する物質が、LPS(リポポリサッカライド)であることをお伝えしましたが、反対に、マクロファージが苦手とするものは、ストレスです。

マクロファージは、ストレスにさらされると、マクロファージの生理活性は、敏感にストレスに反応し、どんどん、力を低下させます。

マクロファージの機能が弱まると、不眠、肌荒れ、胃痛、便秘と消化器系に異常を来たしてきます。さらに、改善することなく、マクロファージの低下を続けると、不安、うつと言った、神経系に症状が現れ、体のあちこちに障害をきたしてきます。

しかし、ストレス社会で、生活する以上、ストレスを【無】にすることは、不可能です。

その為には、マクロファージを低下させず、プレッシャーに強い状態にすることです。それが、マクロファージを活性化する物質、LPS(リポポリサッカライド)を取り入れることなのです。

次回は、【腸内フローラとは】

【マクロファージを活性化させる物質】について

マクロファージを活性化させるには、糖脂質を摂ることが有効です。

糖脂質とは、英語でリポポリサッカライド(LPS)と呼ばれ、小麦などの穀物や野菜などの食べ物、薬用植物から作られる漢方薬などにも含まれています。

元々、リポポリサッカライド(LPS)は、コレラ菌の毒素として発見され、人体に悪影響を及ぼす原因物質とされていましたが、一方で、がんの治癒や感染症への抵抗力をアップさせる効果もみられ、その後の研究で、この糖脂質自然免疫系の細胞を活性化する働きがあることが明らかになりました。

次回は、【LPS(リポポリサッカライド)が、自然免疫系を活性化させる仕組み】

【免疫システム】について

免疫とは、読んで字のごとく「疫病(病気)から免れる」という意味で、体内に病原菌や毒素などが侵入しても発病しない抵抗力が備わっている状態をいいます。

免疫のしくみである免疫系には、生まれながらに備わっている防御機構 《自然免疫》と、生後、病原菌や毒素などの異物と接することにより誘導される防御機構 《獲得免疫》があります。

自然免疫では、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)などが重要な役割を担い、侵入した外敵をいち早く発見し、排除します。しかし、相手が強すぎたときは、獲得免疫の出動を要請します。

獲得免疫では、T細胞・B細胞などのリンパ球や抗体などの液性因子が主役を演じ強い攻撃力で敵を無力化します。

また、免疫系には、外敵だけでなく、自分の体内にできる異物であるがん細胞を抑える働きが備わっており、発がんから体を守っています。

上記以外にも、ときとしてその反応が過敏症を起こすアレルギーや、自分の体内成分に病的な反応を示す自己免疫疾患(膠原病など)もあります。さらに、臓器移植のさいに問題となる拒絶反応も免疫反応の一種です。

このように、健康であるための“予防医学”には、免疫系の《自然免疫》が第一線で働きかけていることがわかります。

次回は、その第一線で働く、【マクロファージをパワーアップさせる物質】について

マクロファージ

予防医学の観点からも、【マクロファージ】は、重要な細胞群の1つです。

また、【マクロファージ】は、健康を維持する上でも、重要なシステムを担っています。

マクロファージ(Macrophage, MΦ)は、白血球の1種。生体内をアメーバ様運動する遊走性の食細胞で、死んだ細胞やその破片、体内に生じた変性したタンパク質酸化したコレステロール、毎日約5,000個ずつ生まれると言われるガン細胞などの異物(病原体)を捕食して消化し、体内の大掃除の役割を担います。

そのため、【マクロファージ】の働きが著しく低下することは、体内の大掃除ができず、不必要な病原体にうもれ、病気が発生しかねません。

【マクロファージ】は、全身に関与し、免疫システムの、<自然免疫>に属します。すなわち、人が生まれつき持っている免疫反応です。

では、【マクロファージ】も関与する【免疫システム】って、いったいなんなんでしょうか?

次回は、【免疫システム】について

 

 

予防医学

医療の発展 もあり、今では、病気になる前に予防する医学。

近年では、病院サイドも、<西洋医学>と<補完・代替医療>の双方からアプローチする、多角的な治療方針、【総合医療】として、患者と向き合うようになりました。

予防医学とは、病気にかからないよう、未然に防ぐための医学のこと。つまり、病気になりにくい心身の健康増進を図ることです。例えば、食生活や、軽い運動、生活習慣などを見直し、病気にならない”体”をつくることが、「予防医学」と言え、さらに、病気にかかった後の再発防止にも、「予防医学」は欠かせません。

予防医学を実践する上で、<西洋医学><補完的健康アプローチ(旧、代替医療)>が軸となります。西洋医学は、病気の原因を取り除く治療、すなわち、薬の服用や手術が中心となりまが、それに対し、補完的健康アプローチ(旧、代替医療)は、 「自然治癒力」や「免疫力を高める力」を最大限に活用し、体質改善にも有効な治療です。

予防医学で知っておきたい、細胞群の1つ、【マクロファージ】って、ご存知ですか?

次回は、【マクロファージとは】