キャピキシルという素材

LPSとポリフェノール素材で「発毛促進用組成物及びその配合物」として発明特許を
29年10月20日に取得し、特許第6227594号

その後、さらにこの特許を生かした配合物の選定に苦慮しておりました。

世界は広く、ミノキシジル以上のものを開発すべく世界の学者、会社は研究をすすめています。

フランスに本拠地を置くルーカスメイヤー社が開発した「キャピキシル」は日本の
総代理店アリスタライフサイエンス社を窓口として啓蒙活動、販売を行っております。

ホントに生えるものなのか、又、安全なものなのか、私も様々な素材を見てきた
25年以上の経験を踏まえて、研究者営業の方にお話を伺いました。

成分は2つ。

①アカツメクサ由来のイソフラボン系のもので、男性型脱毛を抑える5αリダクターゼ
を抑制することが解っています。

②アセチルテトラペプチドという合成のペプチドです。
毛が生えている周りの組織のことを毛包といい、その中にあるものをバルジといいます。

イメージは肉まんの中にある、肉と表の皮の部分の隙間です。
この隙間にある毛包幹(もうほうかん)細胞に栄養を与えていくことがポイントのようです。

この作用は、私が持つ特許成分「LPSポリフェノール」と非常に相性が良い様に
感じています。

以下が今年の終わりに発表する新処方「トリカH」ですが
様々な女性の髪のためになるものとして、最強のような感じがしています。

①は私の特許成分

②はキャピキシル

③と④には又、後日触れましょう!

エタノール
①パントエア/コメヌカ発酵エキス液
ペンチレングリコール
BG
③ウコンカルス順化培養液
①フランスカイガンショウ樹皮エキス
④ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
②アセチルテトラペプチド-3
②アカツメクサ花エキス
グリチルリチン酸2K
クエン酸
アルギニン
デキストラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です