【女性の薄毛】最新情報 ③女性用育毛剤タイプは?

◆育毛剤の主なタイプ

・血行促進タイプ
・毛母細胞活性タイプ
・保湿タイプ
・女性ホルモンに着目したタイプ
・男性ホルモン抑制タイプ
・栄養補給タイプ
・皮脂分泌抑制タイプ

血行促進タイプ

抜け毛や薄毛の主な原因でもある血行不良。

頭部への血流が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が十分に運ばれなくなります。

これは、頭皮環境やヘアサイクルの乱れの要因となり、抜け毛、薄毛、白髪などの頭髪トラブルを引き起こします。

その悪循環を防ぐために役立つのが「血行促進タイプ」の育毛剤です。

「~タイプ」という表現は、それしか、効果がないのではなく、それに特化したものになります。

【育毛】(スペシャルトリートメントの作り方)

【育毛】(スペシャルトリートメントの作り方)

日頃、ストレスのかかった身体をいたわり、癒すためにも、髪を作る全てのアミノ酸が入った<スペシャルトリートメント>を作って、髪のケアをしてみましょう。

アミノ酸は、髪の毛の原料であるケラチン、キューティクルなど、タンパク質の構成成分となるものです。食事から、アミノン酸を摂取することも大切ですが、外からのケアも重要です。卵黄は、髪を作る全てのアミノ酸が含まれ、スウィートアーモンド油は、細胞の修復を促すオレイン酸が豊富に含まれています。
※地肌についても問題ありません。


◎用意するもの

1)卵黄:1個/大さじ1~2(髪の毛の長い人は、大さじ3~4)あらかじめ、よくといておく。
2)スウィートアーモンド油(植物油):20ml.
※スウィートアーモンドは、角質を柔らかくする作用があり、新陳代謝を上げ、古い角質を取り除き、毛根に栄養を与えます。


◎作り方

(1)と(2)をよく混ぜたら、<スペシャルトリートメント>完成です。


◎ケア方法

1) シャンプー前に、上で作った<スペシャルトリートメント>髪の毛にまんべんなくつけて、15分おきます。その間、ツボを指圧し、筋肉をほぐします。

2)洗い流して、シャンプーし、トリートメントは、不要です。


 

【育毛成分】(ピディオキシジル④)

「ミノキシジル近似成分」、通称、ピディオキシジル(正式名称は、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)の 効果の 向上は、プラセンタや燕の巣(漢名:燕窩) . EG F・FG Fなどの成分をミノキシジル近似成分と併用することで、 吸収性の向上だけではなく、さらなる育毛・発毛効果が期待できます。

ミノキシジル近似成分の効果は、主に頭頂部に対するものでしたが、 燕の巣の主成分であるシアル酸や、EGF・FGFなどの成長因子が知覚神経を刺激し、成長因子の仲間であるIGF-1を産生することで髪の毛の素となる毛母細胞の分裂を促進させるため、頭部全体の薄毛改善に効果が期待できます。

また, ミノキシジル近似成分の血管を拡張する働 きによって、プラセンタや燕の巣などの成分に含まれる栄養素を毛母細胞へ円滑に供給することができるという利点も併せ持っています。

「ミノキシジル近似成分」、通称、ピディオキシジル(正式名称は、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)安全性は、パッチテス トにおいて、優れた安全性が証明されています

【育毛成分】(ピディオキシジル③)

「ミノキシジル近似成分」、通称、ピディオキシジル(正式名称は、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)は、その効果が期待される一方、ミノキシジルと同様に経皮吸収性の改善が課題でした。それを検証するために、以下の実験が行われました。

ミノキンジル近似成分の経皮吸収性を改善するため, プラセンタエキス, 燕の巣
(漢名:燕窩) エキス, 成長因子 ( EG F・FG F) などの成分を混合した溶液( 以下、その他の成分) を用いて実験を行った結果、経皮への吸収性を改善することに成功しました。※経皮とは、皮膚を通して、皮膚を経由して。薬剤を経皮的に投与する。

男女計5人の左手上腕部内側にミノキンジル近似成分の溶液( 以下A液) を、 右手上腕部内側にミノキンジル近似成分とその他の成分を混合した溶液( 以下B液)を塗布した後、蒸発しないようカップを被せてテープで固定し、1時間後のカップ内残存ミノキシジル近似成分量から経皮吸収率を測定した( 表1) 。

表1のとおり、A液に比べ、 B液のミノキシジル近似成分の明らかな吸収性向上が認められました。

これは, 本実験に用いたEG FおよびFGFが肌表面に存在する受容体と結合 し、 細胞内に情報を伝達することで細胞内部が活性化し、ミノキンジル近似成分の浸透が促進されたためと考えられます。

また, プラセンタや燕の巣( 漢名:燕窩) には、成長因子様成分が存在しているほか、アミノ酸が含まれているため、上述と同様に細胞の活性に働きかけ、浸透を助けたと推察されます。

 

【育毛成分】(ピディオキシジル②)

ヘアサイクルに働 きかけ, 発毛を促す成分、「ミノキシジル近似成分」は、ミノキシジルの有用性と問題点を総括して、万人に効果を与えるための成分編成によって、誕生したのです。

先般でも、記述しましたとおり、「ミノキシジル近似成分は、通称、ピディオキシジルをさし、正式名称は、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドです。

日本では約 1, 200万人以上が髪の悩みを持っていると言われており, 様々な植物成
分を配合した育毛剤が出回っていますが, 現在も市場は拡大を続けています。

一体、ミノキシジル近似成分(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)は、どのような成分なのでしょう。

医薬品の成分であるミノキシジルとよく似た構造・作用を持っている( 図1) 。ミノキンジルは、血管を拡張することで血行を促進し、毛母細胞へと酸素や栄養素を運び, 分裂や成長を助ける働きを持っています。

それだけではなく, 毛周期が休止期に入っている状態の毛髪に成長期となるよう働きかけ、成長期の状態を維持します。ミノキシジル近似成分も上述と同様に、 血管を拡張することで、血行を促進する作用や、毛周期をコントロール
する作用を持つことが報告されています。

このように構造や作用は、よく似ていますが、ミノキンジルは、医薬品成分のため、 利用するには、医薬品を購入する必要があります。一方、ミノキンジル近似成分は、化粧品への配合が可能であるという点が大きな特徴と言えます。

 

 

 

 

 

(図1) ピディオキシジルは、ピ ロリジエルジアミノピリミジンオキ

 

【育毛成分】(ピディオキシジル①)

【育毛成分】には、各メーカーにより、さまざまな成分があります。
その中でも、有力だった、<ミノキシジル>も、副作用が懸念され、他に良い成分はないか、研究は続けられています。

そこで、<ミノキシジル>に似た成分で安全と言われている、『ピディオキシジル』が注目を浴びています。

では、『ピディオキシジル』とはいったいどのよう成分なのでしょうか?

ピディオキシジルは正式名称:ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドという育毛のために開発された成分です

ピディオキシジルは毛髪用スカルプエッセンスとして登場する前、 まつ毛の美容液として発売され、効果の高さが評判となりました。

【育毛剤成分一覧】(その⑥)

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『ま行』

成分:マツエキス 効果:保湿、抗炎症、血行促進、毛母細胞活性化
成分:ミノキシジル(医薬品) 効果:毛母細胞活性化、血行促進、5αリダクタ-ゼ阻害
成分:ミレットエキス 効果:抗酸化
成分:メチオニン 効果:皮膚改善、抗酸化
成分:モモ葉エキス 効果:保湿、抗炎症

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『や行』

成分:ユキノシタエキス 効果:保湿、抗糖化
成分:ユッカグラウカ根エキス 効果:保湿
成分:ヨード 効果:グロスファクター

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『ら行』

成分:リジン 効果:毛髪補助成分
成分:緑茶エキス 効果:抗酸化、抗炎症、皮膚改善
成分:Rejuline 効果:グロスファクター
成分:ローズマリーエキス 効果:抗酸化、抗炎症
成分:ローマカミツレエキス 効果:皮膚改善、抗炎症

【育毛剤成分一覧】(その⑤)

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『な行』

成分:ナイアシン 効果:皮膚改善、血行促進
成分:ニコチン酸アミド 効果:血行促進、毛母細胞活性化
成分:ニンニクエキス 効果:血行促進、毛母細胞活性化、抗炎症、皮膚改善
成分:ノコギリヤシ(ソーパルメット) 効果:5αリダクタ-ゼ阻害

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『は行』

成分:パルテノライド 効果:毛母細胞活性化
成分:パントテニルエチルエーテル 効果:毛母細胞活性化
成分:ヒオウギエキス 効果:5αリダクタ-ゼ阻害、保湿
成分:ビオチン 効果:毛髪補助成分、皮膚改善、血行促進
成分:ヒキオコシエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、保湿、抗炎症
成分:ビタミンA 効果:皮膚改善、保湿
成分:ビタミンC 効果:皮膚改善、血行促進
成分:ビタミンE 効果:血行促進
成分:ピディオキシジル 効果:毛母細胞活性化、血行促進、5αリダクタ-ゼ阻害
成分:ヒノキチオール 効果:抗炎症
成分:ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオ) 効果:毛母細胞活性化、血行促進、5αリダクタ-ゼ阻害
成分:ビワ葉エキス 効果:抗炎症
成分:フィナステリド(医薬品) 効果:5αリダクタ-ゼ阻害
成分:フコイダン 効果:保湿、皮膚改善
成分:プラセンタエキス 効果:毛母細胞活性化、皮膚改善、保湿、血行促進、毛髪補助成分
成分:ヘマチン 効果:毛髪補助成分
成分:ペンタデカン酸グリセリド 効果:毛母細胞活性化
成分:ボタンエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、抗炎症
成分:ホホバオイル 効果:皮膚改善、保湿、抗炎症
成分:ポリリン酸 効果:毛母細胞活性化

【育毛剤成分一覧】(その④)

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『た行』

成分:タマサジュツヅラフジアルカロイド(セファランチン) 効果:血行促進抗炎症
成分:チクセツニンジン 効果:毛母細胞活性化、皮膚改善
成分:チョウジエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、抗炎症
成分:チンピエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、抗炎症
成分:ツバメ巣エキス 効果:グロスファクター
成分:t-フラバノン 効果:毛母細胞活性化
成分:ティーツリー油 効果:保湿、抗炎症、皮膚改善
成分:デュタステリド(医薬品) 効果:5αリダクタ-ゼ阻害
成分:トウキエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、保湿、抗炎症
成分:冬虫夏草エキス 効果:抗炎症、5αリダクタ-ゼ阻害
成分:トウニンエキス 効果:皮膚改善
成分:銅ペプチド 効果:毛母細胞活性化、5αリダクタ-ゼ阻害、抗炎症

【育毛剤成分一覧】(その③)

【育毛剤成分早見表】(五十音順)『さ行』

成分:サイトカイン 効果:血行促進、毛母細胞活性化
成分:サイトプリン 効果:毛母細胞活性化
成分:酢酸DL-a-トコフェロール 効果:抗酸化、血行促進、毛母細胞活性化
成分:サクラ葉エキス 効果:皮膚改善、保湿、抗炎症
成分:サンショウエキス 効果:血行促進、毛母細胞、活性化、抗炎症
成分:CTP(6-ベンジルアミノプリン)効果:毛母細胞活性化
成分:シーバックソーン 効果:保湿
成分:ジオウエキス 効果:血行促進、毛母細胞活性化、皮膚改善、保湿
成分:シスチン 効果:毛髪補助成分
成分:システイン 効果:毛髪補助成分
成分:シナノキエキス 効果:血行促進、毛母細胞活性化、保湿、抗炎症
成分:ジフェンヒドラミンHC1(医薬品) 効果:抗炎症
成分:ショウブ根エキス 効果:血行促進、抗炎症
成分:シルバーバインエキス 効果:保湿、抗糖化
成分:水溶性 効果:プロテオグリカン、保湿
成分:ステモキシジングロスファクター 効果:皮膚改善
成分:セイヨウキズタエキス 効果:抗酸化、血行促進、毛母細胞活性化、抗炎症
成分:セファランチン 効果:血行促進、抗炎症
成分:センキュウエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、抗炎症
成分:センブリエキス 効果:毛母細胞活性化、血行促進、抗酸化、抗炎症
成分:ソウハクヒ 効果:抗酸化、保湿