【トリカH】(特許成分の特長④-1)

トリカHは、ダブル特許成分を配合し、独自の製造方法でシアル酸、EGF、FGFが壊れません。その成分は、加水分解アナツバメ巣エキス、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)は、

FGFは、ヒトオリゴペプチド-13と呼ばれ、正式名称が「酸性線維芽細胞成長因子」といいます。

FGFは、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)と同様に体内にある成長因子の一つで、
FGFの主な働きは真皮にまで浸透して、細胞の成長と増殖を促します。このFGFを摂取すると、アンチエイジングすることが出来るのです。

特に年齢を重ねるとEGF同様に体内から減ってしまうため、摂取することが大切です。

FGFには、FGF-1とFGF-2、FGF-7の三つに分類することが出来ます。そして、この中でも特にスキンケアとして効果が高いものがFGF-1となっています。

このFGF-1の働きは、コラーゲンや、ヒアルロン酸などの線維芽細胞に働きかけて、肌にハリや潤いを与えるようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です